top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

【知らないと損!】相続税対策に「家族信託」が最強な理由!



相続税イメージ

あなたは、こんなお悩みを抱えていませんか?

  • 相続税対策をしたいけど、何をすればいいかわからない

  • 高額な相続税を払うために、大切な財産を売却したくない

  • 遺産を子供や孫に公平に分けたい

  • 認知症になった後の財産管理を誰に任せればいいのか不安

  • 家族間の争いを防ぎたい

もし、これらの悩みにお心当たりがあるなら、「家族信託」があなたを救うかもしれません!


「家族信託」とは?

家族信託とは、自分の財産を信頼できる家族に託し、その家族が「受託者」として財産を管理する仕組みです。


なぜ、家族信託が相続税対策に有効なのか?

1. 生前贈与と比べて、贈与税を抑えられる

家族信託では、財産を信託に移す時点で贈与税が発生しますが、その後の信託財産の運用益は受託者の所得となり、贈与者である委託者の所得には加算されません。

2. 柔軟な財産管理が可能

信託契約で、受益者や信託期間などを自由に設定することができます。

3. 相続争いを防げる

信託契約で財産の分配方法を明確に定めておくことで、相続人同士の争いを防ぐことができます。

4. 認知症対策にも有効

認知症になっても、受託者が財産を管理してくれるので安心です。


家族信託のデメリット

  • 信託契約書の作成や信託報酬などのランニングコストがかかる

  • 専門知識が必要なので、専門家のサポートが必要となる


家族信託は、相続税対策だけでなく、様々なメリットがある便利な仕組みです。

ただし、デメリットもあるので、専門家に相談しながら、自分に合った活用方法を検討することが大切です。

家族信託についてもっと詳しく知りたい方は、お気軽に当社にご相談ください。



Comentários


bottom of page