top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

家族信託で内縁の妻の生活を保証する


内縁の妻

家族信託は、自分の死後、内縁の妻の生活を保証するための有効な手段です。家族信託の専門家として、内縁の妻の生活を保証するために必要なポイントを解説します。

内縁関係は、法律上の婚姻とは異なるため、内縁の妻は相続権がありません。そのため、内縁の妻を残して亡くなった場合、財産は法定相続人である親族に相続されてしまいます。

内縁の妻が相続権を得られない場合、以下のような問題が生じる可能性があります。

  • 内縁の妻が経済的に困窮してしまう

  • 内縁の妻が財産を巡って親族と争いになってしまう

そこで、家族信託を活用することで、内縁の妻の生活を保証することができます。

家族信託とは、委託者が自分の財産を信託会社や親族など信頼できる人に託し、受託者が受益者のために財産を管理・運用する仕組みです。

内縁の妻の生活を保証するためには、以下のような家族信託の設定が考えられます。

  • 委託者:内縁の妻の配偶者

  • 受託者:信頼できる専門家

  • 受益者:内縁の妻

この場合、内縁の妻の配偶者が亡くなった後も、信託契約に基づいて受託者が内縁の妻のために財産を管理・運用します。そのため、内縁の妻は経済的に困窮することなく、安心して生活を送ることができます。

家族信託を活用することで、内縁の妻の生活を保証することは可能です。しかし、家族信託は複雑な法律制度であり、適切に設定しなければ、かえってトラブルを招く可能性もあります。

そのため、家族信託を検討している場合は、必ず専門家に相談することをおすすめします。


家族信託を検討する際には、以下の点に注意が必要です。

  • 内縁の妻の希望を十分に確認する

  • 家族信託のメリットとデメリットを理解する

  • 適切な専門家に相談する

内縁の妻の希望を十分に確認せずに家族信託を設定すると、内縁の妻の希望を実現できない可能性があります。また、家族信託にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。メリットとデメリットを十分に理解した上で、家族信託を検討することが大切です。

家族信託は、内縁の妻の生活を保証するだけでなく、内縁の妻と配偶者の信頼関係を築くためのツールにもなります。家族信託を検討している場合は、ぜひ専門家に相談してみてください。



LINE公式アカウント



閲覧数:4回0件のコメント

Commenti


bottom of page