top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

家族信託で空き家問題を解決!専門家のおすすめ活用方法


空き家対策

私は、家族信託と空き家対策の専門家として、これまで多くの方々の相談に応じてきました。その中で、空き家問題は、高齢化や少子化などの社会問題が背景にあり、日本全国で深刻な課題となっていることを実感しています。

空き家が放置されると、倒壊や火災などの危険性があり、周辺の環境にも悪影響を及ぼします。また、空き家は、地域経済の活性化にも大きな阻害要因となります。

空き家問題を解決するためには、さまざまな対策が必要となりますが、その中でも、家族信託を活用した対策は、有効な手段のひとつです。

家族信託とは、当事者間で信託契約を締結し、財産の管理や処分、活用などを、受託者に託す制度です。空き家対策として家族信託を活用することで、以下のメリットがあります。

  • 高齢者や認知症の親の住まいを、子どもや親族が管理・活用することができる

  • 相続後の空き家を、子どもや親族がスムーズに管理・活用することができる

  • 空き家の売却や賃貸などの活用方法を、柔軟に選択することができる

家族信託を活用した空き家対策の具体的な方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 高齢者や認知症の親の住まいを、子どもや親族が信託受託者として管理・活用する

  • 親から子どもへの相続前に、空き家を信託財産として設定し、子どもを信託受託者とする

  • 空き家を売却・賃貸する際、信託契約で受託者の権限を定める

家族信託を活用した空き家対策は、メリットの多い制度ですが、以下のような留意点もあります。

  • 信託契約は、当事者間で十分な話し合いを行った上で、慎重に作成する必要があります

  • 信託契約の解除や変更は、原則として当事者全員の合意が必要です

私は、家族信託を活用した空き家対策は、空き家問題を解決する上で、非常に有効な手段であると考えています。家族信託を活用することで、高齢者や認知症の親の住まいを、子どもや親族が安心して管理・活用することができます。また、相続後の空き家も、子どもや親族がスムーズに管理・活用することができます。

家族信託は、まだあまり知られていない制度ですが、そのメリットは非常に大きいものです。私は、家族信託を活用した空き家対策を、より多くの方に知っていただき、空き家問題の解決に貢献していきたいと考えています。



Comments


bottom of page