top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

家族信託で解決できる「親亡き後問題」


仲良し家族

家族信託は、委託者が信託財産の管理・処分に関する権限を、受託者に委託する制度です。家族信託は、相続対策や資産運用など、さまざまな目的で活用することができます。

その中でも、家族信託の活用事例としてよく挙げられるのが、親亡き後問題への対策です。親亡き後問題とは、親が亡くなった後に、障がいのある子や認知症の親の生活が困窮する問題です。

家族信託を活用することで、親亡き後問題を解決することができます。具体的には、以下のメリットがあります。

  • 障がいのある子の生活を継続的に支援できる

  • 認知症の親の財産を守ることができる

  • 相続手続きを簡略化できる

障がいのある子の生活を継続的に支援できる

障がいのある子は、親亡き後、生活基盤が崩壊するリスクがあります。家族信託を活用することで、親亡き後も、受託者が信託財産を管理・処分し、障がいのある子の生活を継続的に支援することができます。

例えば、委託者が障がいのある子に不動産を所有させて、その不動産の賃料収入を受託者が受け取り、障がいのある子に給付するといったことができます。


認知症の親の財産を守ることができる

認知症の親は、財産を勝手に売却したり、詐欺に遭ったりしてしまうリスクがあります。家族信託を活用することで、受託者が信託財産を管理・処分し、認知症の親の財産を守ることができます。

例えば、委託者が認知症の親に預貯金を所有させて、その預貯金を受託者が管理し、認知症の親の生活費や医療費に充てるといったことができます。


相続手続きを簡略化できる

家族信託を活用することで、相続手続きを簡略化することができます。家族信託では、委託者が生前に信託契約を締結しておき、受託者が信託財産を管理・処分します。そのため、親亡き後の相続手続きは、受託者が信託財産を相続人に引き渡すだけです。


家族信託は、さまざまなメリットがある一方で、注意点もあります。

  • 信託契約は、慎重に検討して作成する必要があります。

  • 受託者は、信託財産を忠実に管理・処分する義務があります。

  • 信託契約は、委託者の意思能力が十分にあるときに作成する必要があります。

家族信託を検討する際には、これらの注意点を踏まえて、専門家に相談することをおすすめします。


家族信託は、親亡き後問題の解決に有効な手段です。障がいのある子や認知症の親がいる方は、家族信託を検討してみてはいかがでしょうか。

私は、家族信託の専門家として、家族信託を活用することで、親亡き後問題を解決し、障がいのある子や認知症の親の生活を守ることができると考えています。

家族信託は、まだあまり知られていない制度ですが、今後は、親亡き後問題の解決に広く活用されていくのではないかと考えています。

家族信託を検討する際には、ぜひ専門家に相談して、ご家族の状況に合った家族信託を設計していただければと思います。

家族信託は、親亡き後問題の解決だけでなく、家族の絆を深めるツールにもなるのではないかと考えています。

家族信託を活用することで、家族の財産を守り、家族の生活を守ることができます。また、家族信託の設計や運用を通じて、家族で話し合い、理解を深めることができます。

家族信託は、親亡き後問題の解決だけでなく、家族の絆を深めるツールとしても活用していただければと思います。



LINE公式アカウント



閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page