top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

家族信託とは

更新日:2023年9月23日

家族信託は、自分の財産を信頼できる家族や親族に託し、その家族や親族が財産を管理・運用・処分する制度です。 家族信託の基本的な仕組みは、以下のとおりです。

  1. 信託者(財産を託す人)が、受託者(財産を管理・運用・処分する人)に、信託財産(託した財産)を託す。

  2. 受託者は、信託契約に基づいて、信託財産を管理・運用・処分する。

  3. 受益者は、信託財産から収益を得たり、信託財産の一部を取得したりする。

家族信託は、さまざまな目的に活用することができます。

  • 認知症対策

  • 相続対策

  • 不動産管理

  • 事業承継

  • 税金対策

家族信託には、以下のメリットがあります。

  • 認知症対策として、財産を信頼できる家族や親族に託すことで、認知症になった場合でも、財産を適切に管理・運用することができます。

  • 相続対策として、財産を信託することで、遺産分割トラブルを防いだり、税金を節税したりすることができます。

  • 不動産管理として、不動産を信託することで、空き家対策や相続対策に活用することができます。

  • 事業承継として、事業を信託することで、後継者にスムーズに事業を承継することができます。

  • 税金対策として、信託財産の種類や運用方法を工夫することで、税金を節税することができます。

家族信託には、以下のデメリットもあります。

  • 信託契約を作成・公正証書化する必要があります。

  • 信託財産の管理・運用を信託会社や専門家に依頼する場合は、費用がかかります。

  • 信託契約を変更または解除する場合は、手続きが必要です。

家族信託は、さまざまな目的に活用できる有効な制度です。しかし、デメリットもあるため、利用を検討する際には、家族信託コーディネーターにご相談ください。



閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page