top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

家族信託と相続


相続対策

家族信託は、自分の財産を信頼できる家族や親族に託し、その家族や親族が財産を管理・運用・処分する制度です。家族信託を活用することで、認知症対策や相続対策、不動産管理、事業承継など、さまざまな目的を達成することができます。


家族信託は、相続対策としても活用することができます。家族信託を活用することで、以下の相続対策を実現することができます。


遺産分割トラブルを防ぐ

相続が発生すると、遺産分割協議によって、遺産をどのように分けるかを決める必要があります。しかし、遺産分割協議では、遺産をめぐって家族間でトラブルが生じることがあります。家族信託を活用することで、遺産分割協議を必要とせず、信託契約で定めた通りに遺産を分配することができます。


相続税を節税する

相続税は、遺産の額に応じて課税されます。家族信託を活用することで、信託財産の評価を下げたり、信託財産を分散したりすることで、相続税を節税することができます。


遺留分を侵害しない

遺留分とは、相続人には最低限保障されている財産のことです。家族信託を活用して遺留分を侵害してしまうと、遺留分侵害額請求によって、信託財産を減らされてしまう可能性があります。家族信託を活用する場合は、遺留分を侵害しないよう注意が必要です。


家族信託と相続対策の組み合わせ


家族信託は、相続対策として単独で活用することもできますが、他の相続対策と組み合わせて活用することもできます。例えば、以下の組み合わせが考えられます。


家族信託と遺言の組み合わせ

家族信託を活用して財産を管理・運用し、遺言で財産の最終的な帰属先を決める組み合わせです。


家族信託と生前贈与の組み合わせ

家族信託を活用して、相続税の課税対象となる財産を信託財産にすることで、相続税の課税時期を先延ばしにする組み合わせです。


家族信託と事業承継の組み合わせ

家族信託を活用して、事業を後継者に承継する組み合わせです。


家族信託は、相続対策として有効な手段の一つです。家族信託を活用することで、遺産分割トラブルの防止や相続税の節税など、さまざまな相続対策を実現することができます。


家族信託を活用する際の注意点


家族信託を活用する際には、以下の点に注意が必要です。


信託契約の作成

家族信託を活用するためには、信託契約を作成する必要があります。信託契約は、家族信託の目的や内容を定めた重要な書類です。信託契約を作成する場合は、専門家に相談することをおすすめします。


信託財産の管理

信託財産は、受託者が管理・運用します。受託者は、信託契約に基づいて、信託財産を適切に管理・運用する必要があります。


信託契約の変更や解除

信託契約は、当事者の合意によって変更や解除することができます。しかし、信託契約を変更や解除すると、信託の目的を達成できなくなる可能性があります。信託契約を変更や解除する場合は、慎重に検討する必要があります。


家族信託は、法律や税金の専門知識が必要となる複雑な制度です。家族信託を検討している方は、ぜひ名古屋家族信託コーディネート.comまでご相談ください。




閲覧数:1回0件のコメント

Commentaires


bottom of page