top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

家族信託と遺言

今回は、家族信託コーディネーターとして、家族信託と遺言についてお話ししたいと思います。

家族信託と遺言の違い

家族信託と遺言は、どちらも財産を家族に残すための制度ですが、以下のような違いがあります。


家族信託

遺言

財産の管理・運用

信託受託者が行う

相続人が行う

​財産の分配

信託契約で定める

遺言書で定める

費用

信託契約の作成費用、信託財産の管理費用など

遺言書作成費用、公正証書遺言作成費用など

手続き

信託契約の締結

遺言書の作成、公正証書遺言の作成など

家族信託と遺言の併用

家族信託と遺言は、併用することも可能です。例えば、家族信託を活用して財産を信頼できる家族に託し、遺言で財産の最終的な帰属先を決めることで、より安心して財産を残すことができます。

家族信託コーディネーターとしての思い

家族信託コーディネーターとして、家族の財産を守るために、最適なアドバイスを提供していきたいと思っています。家族信託は、本人や家族の状況やニーズに合わせてさまざまな目的を達成することができる有効な制度です。しかし、家族信託は複雑な制度であり、専門的な知識が必要です。家族信託を検討している方は、ぜひ名古屋家族信託コーディネート.comにご相談ください。

家族信託と遺言は、どちらも家族の財産を守るための大切な制度です。それぞれの制度の特徴やメリット・デメリットを理解した上で、自分に合った制度を選択することが大切です。

閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page