top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

家族信託の受託者ってどうやって決めるの?


家族信託について悩む老夫婦

家族信託は、委託者が信託財産を信託会社や家族などの第三者に託し、受託者が信託契約に基づいて財産を管理・処分する制度です。受託者は、信託財産の名義人となり、委託者の代わりに財産を管理・処分する権限を有します。

家族信託を利用する際には、受託者を決めることが非常に重要です。受託者が適切でないと、信託財産の管理・処分が適切に行われない、あるいは受益者に不利益が生じるなどの問題が生じる可能性があります。

家族信託の受託者を決める際には、以下の点に注意する必要があります。

  • 信頼できる人を選ぶ

受託者は、委託者の財産を預かる立場です。そのため、信頼できる人を選ぶことが重要です。信頼できるかどうかは、普段の生活の中での付き合いなどから判断しましょう。

  • 財産管理の能力がある人を選ぶ

受託者は、信託財産を管理・処分する権限を有します。そのため、財産管理の能力がある人を選ぶことが重要です。財産管理の経験や知識があるかどうかを判断しましょう。

  • 受益者の利益を守れる人を選ぶ

受託者は、信託の目的に基づいて、受益者の利益を守るために財産を管理・処分する必要があります。そのため、受益者の利益を守れる人を選ぶことが重要です。受益者の立場に立って考えられるかどうかを判断しましょう。

家族信託の受託者は、委託者や受益者の家族や親族が選ばれることが多いです。しかし、家族や親族でなくても、信頼できる人であれば受託者になることができます。

家族信託の受託者を決める際には、家族信託コーディネーターに相談することもおすすめです。家族信託コーディネーターは、家族信託の専門家として、受託者の選定や信託契約の作成など、家族信託の導入をサポートします。

家族信託コーディネーターとして、私は受託者選びにおいて、以下の点に特に注意するようにアドバイスしています。

  • 受託者の意思確認を行う

受託者は、信託財産の管理・処分という大きな責任を負います。そのため、受託者に信託を引き受けてもらう前に、受託者の意思確認を行うことが重要です。受託者が信託を理解し、引き受けることに了承していることを確認しましょう。

  • 受託者の負担を軽減する

受託者は、信託財産の管理・処分のために、多大な労力や時間が必要になる可能性があります。そのため、受託者の負担を軽減するために、信託契約で受託者の権限や義務を明確に定めておくことが重要です。

  • 後継受託者を決めておく

受託者が死亡した場合、新たな受託者を決める必要があります。そのため、信託契約で後継受託者を決めておくことが重要です。後継受託者を決めておくことで、信託財産の管理・処分が途絶えることを防ぐことができます。

家族信託の受託者を決めることは、家族信託の成功を左右する重要なポイントです。受託者の選定にあたっては、家族信託コーディネーターなどに相談しながら、慎重に検討するようにしましょう。


家族信託コーディネーターとして、私は受託者を決める際には、受託者の責任や義務を十分に理解してもらうように心がけています。また、受託者の負担を軽減するために、信託契約で受託者の権限や義務を明確に定めるなど、受託者が安心して信託を引き受けることができるようにサポートしています。

家族信託は、家族の財産を守り、円滑に資産承継を行うための有効な手段です。家族信託を検討している方は、ぜひ家族信託コーディネーターに相談して、自分に合った家族信託のプランを立ててみてはいかがでしょうか。





閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page