top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

家族信託の種類


家族信託は、自分の財産を信頼できる家族や親族に託し、その家族や親族が財産を管理・運用・処分する制度です。家族信託には、さまざまな目的に活用できるため、さまざまな種類があります。

家族信託の種類を分類する方法は、以下のとおりです。

  • 信託契約の成立方式による分類

信託契約の成立方式による分類は、信託契約がどのように成立するかによって分類する方法です。

  • 委託契約型

委託契約型は、委託者と受託者が信託契約を締結することで信託が成立する方法です。家族信託の最も基本的な形態です。

  • 遺言信託型

遺言信託型は、委託者が遺言書で信託を設定することで信託が成立する方法です。委託者が亡くなった後に信託が成立するため、委託者が亡くなるまで信託財産を管理・運用することができます。

  • 死後事務信託型

死後事務信託型は、委託者が遺言書で信託を設定することで信託が成立する方法です。委託者が亡くなった後に、信託財産の清算や遺産分割などの死後事務を円滑に行うために活用されます。

  • 信託財産の種類による分類

信託財産の種類による分類は、信託財産の種類によって分類する方法です。

  • 不動産信託

不動産信託は、不動産を信託財産とする家族信託です。不動産の管理・運用や相続対策などに活用されます。

  • 預貯金信託

預貯金信託は、預貯金を信託財産とする家族信託です。預貯金の運用や相続対策などに活用されます。

  • 株式信託

株式信託は、株式を信託財産とする家族信託です。株式の運用や相続対策などに活用されます。

  • その他の信託

その他の信託は、上記の分類に当てはまらない家族信託です。例えば、事業信託や介護信託などがあります。

家族信託の種類を理解することで、自分に合った家族信託を見つけることができます。家族信託を検討している方は、信託契約の成立方式や信託財産の種類など、さまざまな観点から家族信託の種類を比較検討することをおすすめします。

家族信託の種類に関するよくある質問

家族信託の種類に関するよくある質問をご紹介します。

  • 家族信託の種類は、何種類ありますか?

家族信託の種類は、信託契約の成立方式による分類、信託財産の種類による分類など、さまざまな観点から分類することができます。

  • 家族信託の種類によって、どのような違いがありますか?

家族信託の種類によって、信託契約の成立方法や信託財産の種類、信託契約の変更や解除のしやすさなど、さまざまな違いがあります。

  • 家族信託の種類は、どのように選べばよいですか?

家族信託の種類は、家族信託を利用する目的や家族の状況などによって選ぶことができます。例えば、認知症対策を目的とした家族信託であれば、委託契約型の家族信託が適しています。

家族信託は、さまざまな目的に活用できる有効な制度です。家族信託を検討している方は、家族信託の種類を理解して、自分に合った家族信託を見つけましょう。

閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page