top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

家族信託の豆知識

私は、家族信託コーディネーターとして、家族信託の導入をサポートしています。家族信託は、自分の財産を信頼できる家族や親族に託し、その家族や親族が財産を管理・運用・処分する制度です。家族信託を活用することで、認知症対策や相続対策、不動産管理、事業承継など、さまざまな目的を達成することができます。

今回は、家族信託コーディネーターとして、家族信託に関する豆知識をご紹介します。

家族信託の種類

家族信託には、大きく分けて「委託型家族信託」と「受益者連続型家族信託」の2種類があります。

  • 委託型家族信託

委託型家族信託とは、委託者が信託財産を信託会社や信託銀行などの信託受託者に託し、信託受託者が財産を管理・運用・処分する制度です。

  • 受益者連続型家族信託

受益者連続型家族信託とは、委託者が信託財産を信託受託者に託し、信託受託者が財産を管理・運用・処分するとともに、受益者を複数定め、受益者の順番に財産を分配する制度です。

家族信託のメリット

家族信託には、以下のメリットがあります。

  • 本人の意思を尊重した財産管理が可能

家族信託では、委託者が信託契約で財産の管理・運用・処分について指示をすることができます。そのため、本人の意思を尊重した財産管理が可能となります。

  • 家族の協力を得ながら財産管理が可能

家族信託では、信託受託者に家族や親族を任命することができます。そのため、家族の協力を得ながら財産管理が可能となります。

  • 税制面でのメリットがある場合がある

家族信託を活用することで、相続税や贈与税の節税効果を得られる場合があります。

家族信託のデメリット

家族信託には、以下のデメリットがあります。

  • 信託契約の作成や信託財産の管理に費用がかかる

家族信託を導入するためには、信託契約の作成や信託財産の管理に費用がかかります。

  • 信託契約の変更や解除が難しい

家族信託の信託契約は、当事者の合意によって変更や解除することができますが、信託契約の変更や解除が難しい場合があります。

家族信託の導入を検討している方へ

家族信託は、本人や家族の状況やニーズに合わせてさまざまな目的を達成することができる有効な制度です。家族信託を導入する際には、家族信託の特徴やメリット・デメリットを理解した上で、専門家に相談することをおすすめします。

家族信託コーディネーターとしての役割

家族信託コーディネーターは、家族信託の導入をサポートする専門家です。家族信託の制度や法律、税制に関する知識を有し、家族の状況やニーズに応じた最適な家族信託のプランを提案することができます。

家族信託を検討している方は、家族信託コーディネーターへ相談することをおすすめします。家族信託コーディネーターは、家族の財産を守るために、最適なアドバイスを提供することができます。

家族信託の豆知識

家族信託には、さまざまな豆知識があります。以下に、いくつかご紹介します。

  • 家族信託は、認知症対策に有効

家族信託を活用することで、本人の判断能力が低下した場合でも、家族が財産を管理・運用することができます。

  • 家族信託は、相続対策に有効

家族信託を活用することで、相続税の節税効果を得られる場合があります。

  • 家族信託は、事業承継に有効

家族信託を活用することで、事業を後継者に円滑に承継することができます。

まとめ

家族信託は、本人や家族の状況やニーズに合わせてさまざまな目的を達成することができる有効な制度です。家族信託を検討している方は、家族信託の特徴やメリット・デメリットを理解した上で、ぜひ当事務所にご相談ください。



閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page