top of page
  • 執筆者の写真西川 浩樹

家族信託の障害者支援


安心する老夫婦

障害を持ったお子さんを持つご家族は、お子さんの将来の生活や財産管理について、大きな不安を抱えていることが多いです。成年後見制度を利用することもできますが、成年後見制度では、後見人となる人を選ぶ際に裁判所の審判が必要であり、また、後見人が財産を管理する際には、常に後見監督人による監督を受けなければなりません。そのため、ご家族が自由に財産を管理したり、お子さんの意思を尊重した支援を行ったりすることが難しいという課題があります。

家族信託は、そのような課題を解決する手段として、近年注目を集めています。家族信託では、委託者が信頼できる家族や親族を受託者として選任し、信託契約に基づいて、財産を託すことができます。受託者は、委託者の意向に従って、財産を管理・運用・処分することができます。

家族信託を活用することで、障害を持ったお子さんの将来の生活や財産管理について、以下のようなメリットを得ることができます。

  • ご家族が自由に財産を管理できる

  • お子さんの意思を尊重した支援を行える

  • 成年後見制度の利用を回避できる

具体的には、以下のような活用方法が考えられます。

  • 障害を持ったお子さんの生活費や医療費などの給付

  • 障害を持ったお子さんの就労支援や施設入所などの費用

  • 障害を持ったお子さんの将来の資産形成

家族信託は、障害を持ったお子さんを持つご家族にとって、大きな可能性を秘めた制度です。しかし、家族信託は、あくまでも財産管理の手段であり、障害を持ったお子さんの支援を行うためには、ご家族の協力や支援も欠かせません。

私は、家族信託コーディネーターとして、障害を持ったお子さんを持つご家族の支援に取り組んでいきたいと考えています。ご家族の不安や悩みを解決し、障害を持ったお子さんの豊かな生活を実現するために、家族信託を活用した支援を積極的に展開していきたいと考えています。

家族信託は、障害を持ったお子さんを持つご家族にとって、大きな希望を与えてくれる制度だと考えています。家族信託を活用することで、ご家族は、障害を持ったお子さんの将来について、より安心して計画を立てることができるようになります。

私は、家族信託を活用した支援を通じて、障害を持ったお子さんの笑顔を守りたいと考えています。ご家族が、障害を持ったお子さんの将来を明るく描くことができるような支援を、これからも続けていきたいと考えています。



LINE公式アカウントQR



閲覧数:9回0件のコメント

Comments


bottom of page